LIGHT PARTY のすべての投稿

新規会員の入会受付について

当クラブは本年2019年に3年目を迎えました。
発足当初はクラブとしての枠組や運営を安定させるために人数を少人数に絞り、諏訪先生のプリンティング講座を受けた方のみを入会の条件としておりました。そのため入会希望のご連絡を頂きながらお断りさせて頂くケースもございましたが、クラブとしての活動も安定してきましたこともあり、今後は新規会員の入会も受け付けることとなりました。
つきましては 私たちと一緒に研究会(講評会)、撮影等を楽しみたいという方のお申し込みを受付させて頂きます。

■入会の条件:

・自分で写真作品をプリントしている方に限らせて頂きます。
撮影するだけ、他の方の作品を見るだけ、自由にプリントできる環境がない(プリンターを所有していないなど)方はご遠慮頂いております。
プリント技術に長けている方に限るというものではありません。まだまだプリンティング初心者の方でも、技術向上を求める方、作品の構成力の向上を求める方は歓迎いたします。単に撮るだけ、あるいは試行錯誤せずに見せるためだけに調整もせずにただプリントするといった方の入会はお断りしております。
使用しているカメラ等のメーカーの区別はありません。

・当会では入会の前に一度研究会(例会)に見学に来て頂くことを条件としております。
入会してすぐにやめてしまうことを避けるためであり、また納入された会費の返金制度がないため即時退会時のトラブルを避けるためでもあります。今日申し込んで明日からすぐに会員という流れにはなりませんのでご注意ください。

・積極的に活動に参加して頂ける方。
当クラブは運営会社や団体がある訳ではなくメンバーで作り上げるクラブです。クラブの運営、メンバー撮影会の運営、活動報告レポート、写真展の運営等、すべてをメンバーが行います。写真を見てもらうだけ、という参加形態はありません。誰かに頼らず運営を含めた活動に参加して頂く必要があります。

・パソコン、インターネットの使用に各種支障のない方。
作品制作のためにはパソコンは当然使われるものであると思われますが、当クラブの各種連絡、告知、募集等にはFacebookの非公開グループ等を利用しています。Facebook未使用の方はアカウントを作成して頂く必要があります。
その他、当Webサイトへの活動報告の掲載、ギャラリーへの写真の掲載などはメンバー各自で行いますので、パソコンの操作は必須になります。

・学生・未成年の入会も受け付けますが、大学生以上、あるいは相当年齢以上の方に限らせて頂きます。学生・未成年の会費の割引はありますが、そもそもの会費を安価に設定しておりますので大きくは変わりません。

■申込者多数の場合:

ある程度の人数まで受付可能ですが、一度に多数の申込みがあった場合など希望者多数の場合は時期をずらして入会して頂く場合や、想定外の人数の申し込みがあった場合はキャンセル待ちとさせて頂く場合もございます。
一度に多くの新規会員が増えた場合は既存のメンバーによるサポートが行き届かないためですので、ご了承ください。

また、希望者が定員に達するような場合、あるいは時期をずらして入会頂く場合、諏訪先生によるプリントや写真講評をともなうセミナー(聞くだけの講演形式セミナーを除く)の受講歴がある方を優先します。セミナー受講の時期やセミナー主催(メーカーなど)の区別はありません。受講歴がある方は申込時にセミナーの種類、時期等をお知らせください。

■研究会等の活動について:

・例会となる研究会は2ヶ月に一度奇数月に行い、メンバーによる撮影会(自由参加)は偶数月に行っております。
・研究会は奇数月の第三土曜日を基本としておりますが、写真展や撮影旅行等のスケジュールにより変更となる月もあります。
・大幅に会員が増えた場合は研究会は毎月開催となり、講評に関しては2部制となる予定です(聴講は全回全員可能)。
・年に一度、メンバーによる撮影旅行が、2年毎にメンバー写真展を行います。
・諏訪先生による講評は研究会にて毎回行われますが、別途会員のみが受けられる特別セミナーを開催することもあります。

■会則・会費等:

・当クラブではメンバー間で承認された会則がございます。見学までにお知らせいたしますので、同意して頂ける場合にのみ入会可能となります。
・年会費は18,000円です(2018年度までの実績による)。学生(社会人学生を除く)は学割価格とし、12,000円です。活動内容によって多少増減する場合がありますが、前年度末にメンバーにお知らせします。欠席・途中退会に伴う返金制度はありません。
・研究会での講評とは別に諏訪先生がメンバー向けに行う特別セミナー(自由参加)の受講料は会費には含まれません。
・2年に一度、メンバー写真展を開催し会費とは別に実費が必要となります。
・その他メンバー撮影旅行、撮影会など活動にともなう実費は各自負担となります。

■お申し込みの流れ:

お申し込みは当Webサイトの左側リストにあります「お問い合わせ」からご連絡ください。
入会希望と明記し、諏訪先生のセミナー受講歴がある方は受講したセミナーの種類と時期をお書きください。

折り返し担当メンバーからEメールにてご連絡させて頂きます。
入会希望に対する返信は基本的に毎月末締めで、翌月10日頃までにご連絡します(スタッフメンバーのスケジュールにより前後することもあります)。

またEメールでのご連絡となりますため、「@lightparty.jp」からのパソコンメールが受信できるように設定しておいてください。クラブからのご連絡、返信が迷惑メールとして扱われるケースもありますのでご注意ください。

第14回研究会

日時:2018年9月15日(土曜日)13:00~17:00
場所:古石場文化センター・第2研修室
出 席 者:21名
活動内容:各種報告、決議。作品の講評。スピンオフ参加者の修了展示。
レポート担当:N&T

さあ本日も始まりました、CLP講評会。

「これは長方形じゃなきゃだめ?」
という言葉とともに先生がL字スケールを写真にかざした瞬間、魔法がはじまります。
「あ〜〜〜〜〜!!」
というメンバー全員からもれる感嘆。
写真がみるみる垢抜ける!
撮りたかったことが明確になる!
毎回驚きを隠せません。

インクジェットプリントだけでなくプラチナプリントを持ってくる猛者たちも。
いつも見慣れたメンバーの写真が印刷手法で全く世界観が変わるというのを間近に見て、写真の表現には様々な手法があるということを知れたよい機会にもなりました。

今回はスピンオフワークショップ「写真で表現する」の成果発表もありました。メンバーの普段の写真を知っているからこそ、このワークショップの大変さだけでなく、大きな変化も感じられたのではないでしょうか。

懇親会では「次回ワークショップ強制収容!!」というパワーワードが先生から飛び出すほど、熱く楽しい写真論議で盛り上がりました。

第10回撮影会

場所:サンシャイン水族館
日時:2018年8月18日(土)
参加者:5名
天候:晴れ

8月の撮影会は涼しみながら室内で、短時間撮影、長時間懇親会を実施。
“天空のオアシス”をコンセプトに掲げている、“サンシャイン水族館”は、大人も満足できる”都心で利用しやすい水族館です。また、Wi-Fiが全館で使え、施設内はバリアフリーでもあり、人が自然とコミュニケーションしやすい施設です。

マリンガーデンで、空を泳ぐように見える天空のペンギン、草原のペンギンをシャッターで切りとったり、ミストシャワーを浴びたペンギン達に癒され撮影を開始。
水族館での写真の撮り方について雑談をしながら海中散歩が楽しめる大海の旅へ移動。
ここではたくさんの魚類をはじめ、サンゴ、クラゲなど、それぞれ好みにあった生物との撮影となりました。この辺りで既に1時間30分ほど経過。残り時間は水辺の旅エリアで水草やカエル、カメの仲間と遭遇し、それぞれの環境にあった生き物たちの姿をカメラに収めました。
あっという間に待ち合わせ時間になり、集合場所でみんなと再会。

懇親会場のやきとん ひなた 池袋東口店へ。
参加者の近日報告や三脚の話題などで盛り上がり、楽しいひと時を過ごしました。
参加者の皆さま、お疲れ様でした。
(レポート担当S)

第13回研究会

日時 :8月11日(土) 13時30分~16時30分
場所 :八丁堀区民館 7号室
出席者:15名

当初予定していた7月28日が台風の影響で延期となり急きょ決定した開催日でしたので、他の用事と重なり出席できない人が多くありました。昨年1月以来久方ぶりの八丁堀区民館にて、いつもながらの和気藹々の雰囲気の中開催されました。

 開会にあたり、各種報告及び決議が行われました。
・運営委員を交替し1月より新体制で臨む
・茂原ツインサーキット撮影会(8/26)の案内
・写真展の作品集の最終確認終了、次回例会にて注文数受付後発注
・スピンオフ企画「写真で表現する」が修了したので次回例会にて成果発表予定

講評会では、いつも通り色々なジャンルの個性あふれた作品が提出されました。過度の調整については先生から的確な指摘を受けメンバー一同先生の目の良さ鋭さに感心するばかりでした。特に今回印象に残ったのは、基本的な当たり前のことは出来るレベルに達しているので次のステップを目指すべきという先生の言葉です。参加者数が少ない分一人ひとりじっくりと講評を受け大いに勉強になりました。

 講評会終了後、夕立の残り雨の中歩いて懇親会会場に向かいました。7名というちょっと寂しい参加者数でしたが、焼き鳥がおいしい「鳥元」にて3時間の飲み放題、来年の撮影旅行は台湾かはたまたアフリカかと大いに写真談義に花が咲きました。

第12回研究会

日時 :6月16日(土) 13時30分~17時
場所 :京橋プラザ区民館 1号室
主席者:22名


第12回研究会は、梅雨寒の中、新メンバーを加えて和やかな雰囲気の中で行われました。

開会にあたり、各種報告及び決議が行われました。
・入会メンバーの紹介、休会メンバーの報告
・撮影会の幹事、研究会のレポート担当の輪番制について
・webページの担当者のための講習会について
・写真展図録について

講評会では、今回もバラエティーに富んだ作品が集まりました。
先生はメンバーそれぞれの個性を尊重しながら、一人ひとりに丁寧に講評をしてくださいました。講評は、単に色や構図といった基本的なことにとどまらず、組写真の組み方、調整の方法、印刷用紙の選択など、写真表現全般に関わる広い範囲に及び、収穫の多い学びの機会となりました。特に調整の説明においては、先生の鋭い視線は、普通に見ていては気づかないような細部の問題点をも見逃さず、メンバーたちは作品に顔を近づけながら確認をするという、真剣な姿も見られました。

会の後の懇親会は「飯場 銀座店」で行われました。
(レポート担当;N&N)