「撮影旅行」カテゴリーアーカイブ

第3回撮影旅行

今年の撮影旅行(3回目)は、5月18日から一泊。場所は、那須高原です。
「午後1時30分に、ホテルサンバレー那須の玄関前に集合!」ということだけを通達し、それぞれ自分の都合に合わせて、バス(東京・埼玉・千葉からホテル直行バスが出ているのです。)、電車、マイカーで、計17名が参加しました。

ホテルにチェックイン後、早速、初日の撮影地「那須平成の森(ふれあいの森)」へ。
ここから先は2日間、ホテルでチャーターしたマイクロバスで行動します。

森の入口には20分ぐらいで到着。
あとは、帰りの待ち合わせの時間と場所を決めて、三々五々、自由に森の中へ…。

たっぷり2時間の撮影を終えて、集合場所に行ってみると、何やら緊迫した雰囲気が漂っています。
なにごとかと聞いてみると、ひとりのメンバーが…

なんと! 熊に遭遇していた!

真っ青な顔でその時の状況を語るY氏。
森の中を全速力で逃げ戻ってきたらしいですが、いや、本当に無事で良かったです。
熊さんはきっと、他の何かに熱中していたのでしょう……

さて!夕食はホテルでのバイキングです。

夜の星空撮影に備えてビールは1杯だけという縛りにしたのですが、残念ながら曇り空が一向に退いてくれず…。
撮影は諦め、温泉でゆっくり身体の疲れを取ってから、夜の講評会に臨みました。

コテージの1部屋に集合して日頃の疑問点などを先生にご教示いただきました。

本日撮影した写真をカメラの液晶画面で先生にチェックしていただき、まるで撮影している状況を実況しているかのような先生のご指摘にびっくりでした。
撮影旅行だからこそご指摘いただける特権でとても勉強になりました。
結局最後は24時過ぎで明日への意気込みを持って就寝しました。

2日目は、観光客が押しかける前に…と朝8時半から「八幡園地」へ。ここは、20万本ものツツジが咲き誇る群落や、つつじ吊橋がある観光名所です。
つつじは満開には少し早かったようですが、それでも、所によっては綺麗に咲き揃っていて、撮影するには十分でした。

次の撮影地は、名勝「おくのほそ道の風景地」に指定された「殺生石(せっしょうせき)」です。
野仏群や千体地蔵などがあり、興味深い被写体の多い場所でした。1時間では時間が足りなかったぐらいですが、近くの「那須温泉神社(なすゆぜんじんじゃ)」まで足を延ばして撮影した猛者もいました。

これにて、予定されていた撮影はすべて終了!
昼食後は、のんびり徒歩で「南ヶ丘牧場」まで行き、馬やロバを撮影したり、美味しいソフトクリームを食べたりして、ちょっぴり観光気分に浸りました。

ホテルに戻って、最後に先生からお言葉ををいただき、自家用車組は渋滞を避けるため先にホテルを出発。
バスと新幹線組は出発までの空き時間でホテルの温泉に浸かったり、のんびりお土産を見てまわったり、ロビーでコーヒーを飲んだりした後、各自帰路につきました。

今回の撮影旅行も、皆様にご協力いただきまして、トラブルもなく無事に終了しましたことを御礼申し上げます。
お疲れさまでした!

レポート担当:Y&T

Pocket
LINEで送る

第2回撮影旅行

 

 

日程:2018年5月19日(土)~20日(日)

一週間前の天気予報ではこの日は終日雨の予報でしたが、クラブメンバーの日頃の行ないが良かったのか雨が上がる予想時間が早くなり、集合時間の8時40分にはピーカンに、そして誰ひとり遅れることなく18名全員集合。前泊して今日に備えたメンバーもいて気合十分です。

5台の車に分乗し、まずは最初の撮影地、中田島砂丘へ。「砂丘を撮りたい」という声に応えて選定した、日本三大砂丘の一つに数えられたところです。しかしながら、現在砂丘は堤防工事中。邪魔なロープが張られ、撮影するにはいささか残念な状況でした。また現地では予想外の強風が。風に飛ばされてくる砂粒が顔にあたって痛い位です。刻々と変化する風紋が綺麗にできるものの、レンズ交換もままならないハードな撮影でした。「遠州のからっ風」という言葉があるくらい風の強い地域ではありますが、それにしても強過ぎです!

砂丘の後は、皆様お待ちかねの昼食。浜名湖近くの「うなぎの天保」で、山芋をかけて食べる、ちょっと珍しい鰻重を食しました。浜名湖産の鰻は美味ですね~。

昼食後、浜名湖ガーデンパークへ。花撮影を、と目論んでいましたが、強風が治まらず厳しいコンディション。一部のメンバーはここでの撮影をパスして次の撮影場所に先乗りし、残ったメンバーは公園内にあるモネの庭を模した場所に絞って撮影することに。なかなか良いところでしたが、かつて花博が開催された広大な公園で駐車場から一番奥の場所にあるため、往復だけで小一時間、予想外に時間を消費してしまいました。

初日最後の撮影地は、天竜二俣。昭和の風情が残る街並みの撮影です。ガーデンパークで歩き疲れた多くのメンバーは、天然氷のかき氷が食べられる喫茶店に意図せず集結。絶品かき氷で一息入れてからの撮影開始となりました。ガイドマップを片手に街中に点在する古い建物を探して撮影するのですが、どのように撮ればよいのか難しかったです。

本日の宿泊先は、THE HAMANAKO(旧・浜名湖ロイヤルホテル)。夕食は飲み放題付のバイキング。飲み放題はアサヒとキリンの生ビールが飲め、食事も和洋中と充実していました。

夕食後、入浴の時間を取った後に一室に集まって宴会。その中で、先生より潮風の中で酷使したカメラのお手入れ方法のレクチャーや本日撮影した写真を各自のカメラの液晶に表示して講評して頂いたりしました。帰る心配がないので心置きなく盛り上がり、気が付くと午前1時過ぎ。撮影旅行ならではの充実した宴会になりました。

翌日、ホテル出発前に集合写真を撮影した後、久留女木の棚田へ。ここは、NHK大河ドラマ「女城主直虎」のロケにも使われた場所だとか。ドラマにも出てきた「龍宮小僧」の伝説もあるところです。棚田への水張りは始まったばかりで、この日はまだ一部の田圃にしか水張りされておらずちょっと残念。それでも、皆それぞれ被写体を見つけて撮影していました。

この日の昼食は、浜松餃子。棚田から浜松駅に向かう途中にある「浜太郎」です。定番をはじめ、変わり種の餃子を注文して舌鼓。

昼食後、先生からお言葉をいただき、ここで解散。新幹線組は順調でしたが、車を出していただいた方は、東名高速で事故渋滞に巻き込まれて大変な思いをしたものの、皆、無事に帰宅。

2回目となる撮影旅行も、皆様のご協力のおかげでこうして無事終えることが出来ました。

(レポート担当 T)

Pocket
LINEで送る


第1回撮影旅行

日程:2017年4月22日(土)~23日(日)

場所:軽井沢・小諸
参加者:14名


4月22日朝8時50分、軽井沢駅北口集合。天候は快晴でしたが、朝の軽井沢はちょっと肌寒さを感じます。


全員集合後、4台の車に分乗し、最初の撮影地、めがね橋へ。

かつてアプト式鉄道の通る日本最大のレンガ造りのアーチ橋として使用されていましたが、昭和38年に廃線となりました。
現在は遊歩道として整備されており、時の「流れ」を感じながらの撮影タイムとなりました。
ここから徒歩15分程のところにある碓氷湖まで足を延ばした人もいました。


次の撮影地は、旧軽銀座。当初は各自で昼食、という計画でしたが、全員で食べよう、ということになり、目に付いた蕎麦屋で昼食。
名物「寒ざらし蕎麦」ちょっと高かったけど、おいしゅうございました。
食後は、各自スナップ撮影。人出が少なく、ちょっと旧軽銀座としては物足りない感じがしました。


旧軽銀座の後、途中Tさんを拾って懐古園へ。
ちょうど桜が満開で、かなり賑わっていました。人混みと桜祭りのぼんぼりで、園内での撮影はなかなか難しい状況でした。
かえって駐車場脇の桜の方が被写体としては良かったかもしれません。
早々に懐古園を出て駅裏に被写体を求めた人もいたようです。


本日の宿泊地は佐久平の山の中にあるゴルフクラブのコテージです。
先に入浴を済ませてから、夕食。メニューは信州豚のしゃぶしゃぶ鍋。
結構なボリュームがあり、満腹になりました。
(大食いばかりが集まり足りなかったところもあったようですが...)
食後は、1部屋に集まり宴会。かなり盛り上がり、お開きになったのは12時過ぎ(らしいです。私は先に沈没してしまったので、後で聞いた話ですが)



翌朝、各自レストランで朝食。その後、Dさんが宿に合流し、出発。


まずは、参加者のたっての希望で宿近くの採石場で10分程撮影タイム。
削り取られた山肌と、古ぼけた設備が哀愁を誘います。


次の撮影地は、丸子文化会館付近の川沿いで桜撮影。
残念ながらピークは過ぎていましたが、川の上を多くの鯉のぼりが風になびいており、意外に良い撮影スポットでした。

ここで、急用のため、Sさんが離脱。残りのメンバーで海野宿へ。
思ったより宿場町の雰囲気がしっかり残ったところでした。
めいめい撮影後、集合して、海野宿の中の蕎麦屋で昼食。


その後、軽井沢駅まで戻り、解散。
こうして、無事に撮影旅行は終了しました。
(レポート担当T)

Pocket
LINEで送る