第3回撮影旅行

今年の撮影旅行(3回目)は、5月18日から一泊。場所は、那須高原です。
「午後1時30分に、ホテルサンバレー那須の玄関前に集合!」ということだけを通達し、それぞれ自分の都合に合わせて、バス(東京・埼玉・千葉からホテル直行バスが出ているのです。)、電車、マイカーで、計17名が参加しました。

ホテルにチェックイン後、早速、初日の撮影地「那須平成の森(ふれあいの森)」へ。
ここから先は2日間、ホテルでチャーターしたマイクロバスで行動します。

森の入口には20分ぐらいで到着。
あとは、帰りの待ち合わせの時間と場所を決めて、三々五々、自由に森の中へ…。

たっぷり2時間の撮影を終えて、集合場所に行ってみると、何やら緊迫した雰囲気が漂っています。
なにごとかと聞いてみると、ひとりのメンバーが…

なんと! 熊に遭遇していた!

真っ青な顔でその時の状況を語るY氏。
森の中を全速力で逃げ戻ってきたらしいですが、いや、本当に無事で良かったです。
熊さんはきっと、他の何かに熱中していたのでしょう……

さて!夕食はホテルでのバイキングです。

夜の星空撮影に備えてビールは1杯だけという縛りにしたのですが、残念ながら曇り空が一向に退いてくれず…。
撮影は諦め、温泉でゆっくり身体の疲れを取ってから、夜の講評会に臨みました。

コテージの1部屋に集合して日頃の疑問点などを先生にご教示いただきました。

本日撮影した写真をカメラの液晶画面で先生にチェックしていただき、まるで撮影している状況を実況しているかのような先生のご指摘にびっくりでした。
撮影旅行だからこそご指摘いただける特権でとても勉強になりました。
結局最後は24時過ぎで明日への意気込みを持って就寝しました。

2日目は、観光客が押しかける前に…と朝8時半から「八幡園地」へ。ここは、20万本ものツツジが咲き誇る群落や、つつじ吊橋がある観光名所です。
つつじは満開には少し早かったようですが、それでも、所によっては綺麗に咲き揃っていて、撮影するには十分でした。

次の撮影地は、名勝「おくのほそ道の風景地」に指定された「殺生石(せっしょうせき)」です。
野仏群や千体地蔵などがあり、興味深い被写体の多い場所でした。1時間では時間が足りなかったぐらいですが、近くの「那須温泉神社(なすゆぜんじんじゃ)」まで足を延ばして撮影した猛者もいました。

これにて、予定されていた撮影はすべて終了!
昼食後は、のんびり徒歩で「南ヶ丘牧場」まで行き、馬やロバを撮影したり、美味しいソフトクリームを食べたりして、ちょっぴり観光気分に浸りました。

ホテルに戻って、最後に先生からお言葉ををいただき、自家用車組は渋滞を避けるため先にホテルを出発。
バスと新幹線組は出発までの空き時間でホテルの温泉に浸かったり、のんびりお土産を見てまわったり、ロビーでコーヒーを飲んだりした後、各自帰路につきました。

今回の撮影旅行も、皆様にご協力いただきまして、トラブルもなく無事に終了しましたことを御礼申し上げます。
お疲れさまでした!

レポート担当:Y&T

Pocket
LINEで送る

第17回研究会

日時  : 2019316日(土曜日)13:3017:00
場所  : 豊洲文化センター・第6研修室
出席者 : 20
活動内容: 各種報告、決議。作品の講評。

まずは、各種報告、決議から。

見学者のMさんを紹介した後、月実施予定の撮影旅行や、今秋実施予定の写真展に関する報告等を実施。

次回の撮影会は420日(土)に昭和記念公園で実施することになりました。

続いて、講評会です。

 

最初は月に実施された芝公園での撮影会の参加者の作品を先生に講評していただきました。東京タワーの映り込み等、工夫した作品が多かった印象です。

その後、通常の一人5点の作品講評に移りましたが、今回も秋の写真展に向けた作品を披露するメンバーが目立ちました。しかしながら、先生からはダメ出しの嵐が。。。「テーマに沿った作品を以前撮った写真から選ぶのではなく、テーマを意識して撮影に行きなさい」という先生のお言葉もあり、作品制作に向けて、みんな気持ちを新たにしたようです。

講評会の後は、お楽しみの懇親会ということで、ちょっと小洒落た牛串屋さんへ。先生とメンバー12名の他、見学者のMさんも参加してくれました。いつもの通り、写真の話から他愛のない雑談まで、大いに盛り上がりました。

 今回見学に来ていただいたMさんは、後日、入会を決意してくれました。
ようこそClub Light Partyへ!

 (レポート担当:T

 

Pocket
LINEで送る